三木雄信『世界のトップを10秒で納得させる資料の法則』

 世界のトップと働いているわけでもなければ、もちろん、世界のトップでもない。
 それでもも、圧倒的な資料づくりの技術を学びたいという思いから、ソフトバンクで孫正義氏のもと働いてきた三木雄信氏の『世界のトップを10秒で納得させる資料の法則』を手にした。

 先に読んでいた同氏の『「A4」一枚仕事術』が比較的軽めの内容であったのに対し、こちらは重量級の「法則」がひしめく。孫正義氏であれば一瞬で捨てられるダメな資料と、一流の優れた資料を対比しながら進んでいく。
 会議の議事録や「ワンメッセージ・ワンイメージ」のくだりは『「A4」一枚仕事術』と重なるところも多いが、特に後半、パレート図や回帰分析のあたりはソフトバンク流の真骨頂。

 孫正義氏の「これから回帰分析をしないやつの話は一切聞かない」という宣言はあまりにも強烈だ。
 仮にいまの会社の社長がこう宣言したら、ぼくはどうするだろう。大半はついていけないだろうから、そのまま聞いたふりだけで終わらせるか。それとも、これからは回帰分析の時代だから、と必死に喰らいつくか。20代であったら躊躇なく前者を選ぶだろうが、これから40代を迎えて、後者を選んでしまう可能性がなくもない。
 統計学。いつまでも苦手なままで終わらしていてはいけない。