酒井穣『新版 はじめての課長の教科書』

 あとちょっとで手の届くところまで来たら、とにかく課長になりたくなってきた。イメトレを兼ねて、課長の専門家こと酒井穣氏の『新版 はじめての課長の教科書』を読む。

新版 はじめての課長の教科書

新版 はじめての課長の教科書

  • 作者:酒井穣
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon

 課長になるとは、実務の第一線から引退し、まったく新しい仕事をはじめるのに等しい。そして、部下のモチベーションを管理するのがその新しい仕事である。モチベーションを高めるだけでなく、維持するという視点も欠かせない。そのためには、全員をひとりの人間として尊重し、ひとりひとりの人生を応援するつもりで臨みたい。

 当面、目指すのが役割分担が明確な組織である以上、ルーチンワークをきっちり定義し、確実にこなせるしくみをつくると同時に、組織の構成員が例外を例外として正しく認知し、速やかに報告する体制を整えなければならない。そして、課長はバランスの取れた決断を下す。つまり、組織を整える、意思決定を下す。これが主な仕事になる。

 第4章の「避けることができない9つの問題」が特に興味深かった。

  1. 問題社員があらわれる。
    真面目な社員ばかりだから、いまのところ心配はない。
  2. 部下が「会社を辞める」と言いだす。
    そのリスクが想定されるのは、唯一の20代の若手と、ぼく自身。
  3. 心の病にかかる部下があらわれる。
    ハラスメント気質があるだけに、ここは要注意。
  4. 外国人の上司や部下をもつ日が来る。
    もういる。
  5. ヘッドハンターから声がかかる。
    最近、LinkedIn経由でちょくちょくメッセージが届くが、どれもヘタな鉄砲数打ちゃ感が半端ない。
  6. 海外駐在を求められる。
    むしろまた海外駐在したい。
  7. 違法スレスレの行為を求められる。
    さすがにそれはない。
  8. 昇進させる部下を選ぶ。
    年代的に昇進をさせるかどうかで悩む心配はないだろう。逆に、後継者問題にぶちあたる可能性はあるが、それを考えるのはまだ早い。
  9. ベテラン係長が言うことを聞かなくなる。
    この光景は容易に想像できる。

 まだ課長になっていない段階ではあるが、イメージをつかむのにもってこいの一冊だった。