赤羽雄二『最速のリーダー 最小の時間で最大の成果を上げる』

あなたは、最小の時間で、最大の成果を上げていますか?
また、部下や後輩の能力を引き上げ、チームとしての生産性を上げていますか?

 ある部門のマネージャー見習いを任じられた。今日はその初日。

 昨年、社内の課長試験に合格したものの、1年間、まだ昇進を見送られている。同様に足踏みするケースは少なくないが、やはり人間の性、気にならないわけがない。

 そんななか、今回の定期異動によって正式なマネージャーが不在となった部門に送られ、そこでのパフォーマンスを値踏みされる機会を得た。次の定期異動までの半年間、最速でリーダーシップを身につけ、最速で結果を出し、次のポジションへと進みたい。

 冒頭の問いかけからはじめる赤羽雄二氏の『最速のリーダー 最小の時間で最大の成果を上げる』にそのヒントを求めたのだが、本書を貫くテーマは「残業ゼロ」だった。
 実は、既にほぼ残業ゼロを実現できているホワイト企業にいるわが身。やや拍子抜けした。

 紙幅の大半が、経営者視点にとって残業ゼロを実現する意義と、その全社的な施策に割かれている。
 例えば、経営者は最優先で会議や書類を半分以下に減らすべきだとしている。
 また、残業ゼロによって社員の残業代という「実入り」が減るという懸念に対し、残業削減報奨金と貢献度給の導入を提案している。
 一介のマネージャーのの立場では、残業削減報奨金や貢献度給といった手法はとりづらい。前者はポケットマネーという裏技もあるが、このご時世、現実的ではない。

 それでも、リーダー見習いという立場にとって得られるところも多い。

 氏によると、時短を阻む「仕事は行ったり来たりするものである」という日本企業の伝統は、意思決定の遅さに由来するものである。経営者の意思決定の遅さは、その下にいる上司の指示のあいまいさにつながり、あいまいな指示しかできない上司はそれをこなせない部下に「できない部下」のレッテルを貼り、そのレッテルを貼られた部下はやる気を失う。そして、だらだらと残業をする。
 あいまいな指示しかできない上司は、「全部指示してしまうと、部下が考えなくなる」というそれらしいイイワケを用意しているが、その実は、高い視点からの助言に自信がなく、具体的な指示をできないだけなのである。

 最後の一文は、マネージャーになりきれないぼくに痛すぎるほど刺さった。自覚がありすぎるのだ。

 また、最速というキーワード第4章の「まずは部下より自分が変わる! 残業ゼロを実現する上司・リーダーの仕事術」と第5章の「知っていれば誰でも必ずできる! 部下の残業ゼロを実現する仕事術」が赤羽氏の本領発揮だ。

0.5秒でも短くなりそうな工夫は全部しています。毎日新しいものを見つけます。「この程度はいいや」という考えは完全に捨てて工夫し続けるのがポイントです。

 生産性向上への秒レベルの飽くなき欲求は、とにかく参考になる。

 一方、残業ゼロの先にハッピーな結末はあるのか。特に、ベテラン中心の組織がイノベーティブな組織に変革していけるのか。残業ゼロ実現後の実態を目にしているだけに、まだまだ探求は終わらない。